保育士が転職する際のおすすめ自己PR

自己PRは背伸びせず、今の自分を最大限にアピールをしましょう。今の自分が100としたらそれを120、130と見せようとして、過度に緊張したりしっぱりしたりする人が多いです。

しかし転職においてこうした過度な自己PRをしようとして失敗する人は後を絶ちません。今の自分の100をしっかりとアピールすることで、余計に緊張することもなく、自然体で面接に臨むことも可能です。

特に保育士という仕事は子供相手の仕事なので、面接などで余計に緊張して堅苦しくなっているとどうしても不利になってしまいます。

できるだけリラックスして自然体で臨むには無理のない自己PRを心がけるのがいいでしょう。

保育士転職を成功させる自己PRのポイント

職場の人間関係や給与に対する不満等、保育士が転職を希望する理由は人それぞれです。保育士求人は各地に満遍なく豊富な為、転職で満足を得るチャンスは高いのですが、一方事前の情報収集を怠ったまま求人に応募した場合、求人内容や面接の話とは全く異なる待遇や環境の元に置かれてしまい、後悔するリスクが高くなるのもまた事実です。

保育士に限らず、転職の際は希望する業界や求人の情報を丁寧に集め、比較検討や分析を行い、十分納得した上で応募するのがベストです。特に外部に情報が漏れにくい園の求人の場合、一般の求人サイトやハローワークでは園の内部事情を把握する事が難しく、転職を失敗する原因にもなってしまいます。


保育士としての経験が浅く、また転職経験も少ないのであれば、迷わず保育士専門の転職情報サイトに登録し、実績・ノウハウ豊富なアドバイザーの力を借りるのがお勧めです。

保育士専門転職情報サイトなら、各園との強いコネクションを活かし、希望する園に関する様々な内部事情を教えてくれます。もちろん自分の経験や希望、長所を存分に活かせる園の求人を絶え間なく紹介してくれますし、中には給与や待遇等の雇用条件を希望に添える様、園と独自に交渉してくれる転職情報サイトもあります。

現在は大変便利なもので、保育士専門転職情報サイト同士を比較検討出来る比較サイトも登場しています。無料相談も気軽に行えますから、活用出来るコンテンツは出来得る限り活用し、後悔無き様転職活動を行いたいところです。

保育士がより給料をアップさせるためのポイント

保育士は重労働の割に給料が安い傾向にあり、それを理由に保育士を辞めて他業種に転職するという人も多いです。その影響もあってか保育士は慢性的な人手不足の傾向にあります。

中には給料の問題さえ解決すればまた保育士として働きたいと思っている人も少なからずいて、保育士の給料アップは保育システムの維持に欠かせない課題となっています。しかしながら一部の保育士の求人については比較的給料が高いところもあります。

例えば24時間体制で勤務をする医療機関併設の保育園や児童養護施設、乳児院などの福祉施設の場合、夜勤があり給料とは別で夜勤手当が付くところも多いです。非常勤職員で時給制であっても日勤のみで保育士として働くよりも高いことから、保育士として給料の高い仕事をするために夜勤のある保育士の仕事をする人も多いです。

24時間体制で保育をしているところは、地域によったら少ないこともありますが、都会で働き方が多様化しているようなところではこのような24時間体制の保育施設の保育士は需要があり、求人情報も多いです。

一方で諸事情で肉親の元で暮らせない児童養護施設や乳児院はさらに求人が少ない傾向にあるものの、近年は養育困難なケースで常時のみならず子どもを一時預かりするシステムがあったりとこれらの福祉施設は社会的に非常に重要な役割を果たしていることから、求人も見かけることが多いです。給料を上げるために転職をしたいのであれば、このような夜勤業務のある職場を選ぶのが適しているのです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA