ブラック保育園の見極め方を解説

ブラック企業という言葉は世の中に完全に浸透しましたが、これは何も一般企業だけではなく、いろんな職場で同じような環境の仕事というのは存在します。

もちろん保育士の仕事も同様です。時々保育園や幼稚園の運営方針や事故やトラブルが起こって、ニュースなどで取り上げられていることもあります。

せっかく保育士として転職するのであれば、少しでも職場環境の良いところ、ブラック保育園ではないところに就職できるように予めしっかりと下調べもしておく必要があります。

最終的な保育士転職の判断は自分の力で!

私は保育士の転職を2回行いましたが、結論から言うと、転職サイトより、気になる園に直接電話した方が良いと思います!

〇転職サイトのメリット
・たくさんの求人を見られる
・アドバイザーさんから面接対策や内定辞退まで、自力では難しいところまでフォローしてくれる

〇自力でのメリット
・自分に合った園が見つかる&本当に働きたいと思えた園と面接ができる
・ここで働きたい!という意欲を強くアピールできる

×転職サイトのデメリット
・人手が足りていない、ブラックな求人を紹介されやすい
・サイトに掲載されている園でも、サイト経由では仲介してもらえないことがある

×自力でのデメリット
・ネットや求人サイトを根気よく見回る、電話、面接の対策、内定辞退など、心理的負担が大きいかも
・スケジュール管理などをしっかり自分で把握する必要がある

私は1度目の転職では転職サイトを使いましたが、面接の対応やスケジュール管理等では非常にお世話になりました。
しかしいざ入職してみると、給与や休日などの待遇面は良くても、サービス残業当たり前、行事の負担が大きい、離職率が高い、ということがありました。

2度目の転職でも最初はサイトを使用しましたが、なかなか希望にあった園が見つからず…サイトに掲載されていた一番気になる園を応募したいと言っても、「募集していません」と言われました。

でもどうしてもその園が諦めきれず、自力で電話したところ、「募集しているのでぜひ面接に来てください」とのこと!しかも1園だけでなく2園も。

転職サイトも結局のところビジネスですので、人手の足りていないところに優先的に紹介したいのかな、なんて思いました。自分で探した園に就職し、今はとても満足いく環境で働くことができています。

長期ブランク明けの保育士転職が決して不利でない理由とは

保育士資格を取りしばらく活躍していたとしても、その期間からだいぶ年月が経った頃に改めて転職を考える際、どうしてもブランクの問題が頭をもたげてきます。

一旦保育士の仕事を離れ他の仕事に馴染んでしまうと、保育士としての勘が鈍るばかりか、その間に変わるであろう教育システムや体系の変化、あるいは加齢に伴う人間関係の変化に戸惑い、難儀してしまうのではないか・・・そんな不安を抱く人が多いものです。

実際のところ、多くの保育園が転職活動を行っているブランク明け保育士を歓迎しており、過度な不安を抱く必要はありません。幼児教育のシステムは想像以上に保守的であり、時代の流れにより大きく変更される事はありません。ですから多少のブランクがあってもちょっとした知識のアップデートのみで対応出来るケースが多く、一度でも保育士の実績や経験があれば誰でもすぐ新たな環境に馴染めます。

特に女性の場合、自らの出産・育児の為ブランクを空けざるを得ないケースが多いのですが、その場合自らの育児経験やノウハウを仕事にフィードバック出来る為、保育園はむしろ即戦力として歓迎してくれます。また各自治体でもブランクの悩みを持つ保育士の為に、保育士復職セミナーの開催を始め復職に向けた支援を積極的に行っています。

保育士への復帰を考えるなら、いきなり求人を探し始めるよりも、先ずはこれらのセミナーに参加し無理の無いペースで仕事の勘を取り戻してゆくのも悪くはありません。

関東周辺の保育士求人の需要

関東周辺は首都圏近郊にあるため人口が増加し、都内などに通勤するサラリーマンなどが生活をしています。関東は子持ちで働く人が多く、保育園に子供を預けて仕事をする家庭が多く保育園の需要が高まっています。

保育園は交通に便利な場所にあるため利用者が多く、有名な保育園は入所希望者が多く勤務する保育士の求人の需要が高まっています。子供の保育をする時は目的を考えて仕事に取り組む必要があり、仕事を通してやりがいを感じるように目的を考えると効果が出せます。

保育士求人を探す時は勤務時間や仕事内容を確かめて探し、子供を保育する喜びや責任感を持って仕事に取り組む考え方が必要です。子供は好奇心が旺盛で新しい知識を覚えさせる時期としては最適で、親との信頼関係を築けるように仕事に取り組むことが求められます。

関東は保育園の数が比較的多く、保育士として働く時は求人情報の内容を参考にしてやりがいを感じて働ける環境を選ぶと効果があります。保育士の仕事は職場によって求められる内容が違い、内容を確かめてやりがいを感じて仕事に取り組めるように今後の目的を考えることが大事です。

保育士は子供を正しく保育することではなく周囲の人間とのコミュニケーションを強化し今後の生活に必要な知識を付け、人との接し方や共同生活をする時に考えるべきことを教える必要があります。子供を保育する時は責任を持って今後の目的を考え、相手の気持ちや考え方を理解しながら効果を出せるように考えて行動することが重要です。

関東は首都圏から近く給料が高いため保育士として多くのお金を稼ぎやすく、今後の人生に役立つように仕事を決めると効果的です。保育士の仕事は人間関係を良くするように人との接し方を考えることが求められ、責任を持って仕事に取り組む姿勢が必要です。

自分に適した職場を探す時は求人情報の内容を比較しやりがいを感じて働ける環境を選ぶ必要があります。保育士の仕事はイベント等を通して親とのコミュニケーションを強化できるように考え、仕事を通してやりがいや責任感を体感し今後の子供の成長に貢献できるようにすると効果的です。”

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA