病児保育士のやりがいや働くメリットまとめ

病棟保育士として求人が出されることはあまりないのですが、院内保育園の求人募集の流れで、結果的に病棟を担当する保育士となる場合はありますね。いや、病棟保育士の求人が出されることも十分にあるでしょう。けれども私が知る限りでは、件数は少ない印象ですね。

けれども、院内保育園については毎年一定数の求人はかけられていますので、病棟保育士としての勤務を希望する方で、その年に希望する地域での病棟保育士の求人が出ていない場合は、まずは病棟保育士のいる病院の院内保育園の保育士求人をチェックしてみるのがいいでしょう。

病棟保育士の求人はどう探す?

病棟保育士とは言え、必要な資格は保育士免許のみの場合はほとんどですから、特別に新たになにか資格する必要はないでしょう。ただ、募集件数自体が一般的な保育園に勤務する保育士求人に比べますと、かなり少ない件数だという印象はありますので、最初から病棟保育士としての勤務を希望するのでしたら、こまめなチェックは必要でしょう。

とくに小児科の規模が大きく、実際に病棟保育士として働く保育士がいる病院の求人情報はチェックしておくのがいいでしょうね。実際のところ、病棟保育士として募集されているのではなく、院内保育園のベテラン保育士などが病棟も手伝うようになって、次第に専属になる、つまりは病棟保育士という流れが多いとは聞きますので。

また、看護師さんのなかで産休や育休中に保育士免許を取得して、そして病棟保育士として勤務もしている〜といったケースも聞きますね。病棟保育士といいますと、どちらかと言えば、子どもと一緒にあそんだり歌ったり〜という保育よりも、食事や排泄の手伝い、着替えといったように、看護のヘルプ的な仕事の割り合いが多いような印象がありますね。

ですから、院内保育園にて勤務して病院のことなど、勝手がよくわかっている人が病棟保育士としての勤務を期待されるのでしょうか。または院内保育園の保育士と病棟保育士を兼ねている人の話も聞きますね。該当患者さんがいる場合は、病棟保育士として働き、いない場合は院内保育園にて医療関係者の方のお子さんたちの保育にあたる〜といったように。

ですから、病棟保育士を目指す場合は、まずは小児科のある病院の求人情報をチェックし、そして病棟保育士の求人がなさそうな場合は、次は院内保育園の求人に注目するといいでしょうね。

病棟保育士の求人の仕事内容の特徴

病棟保育士は病院の病棟内で看護師と連携して保育をするため、周囲の人とのコミュニケーションを積極的に取る必要があります。病棟で働く時は患者との言葉のやり取りをしながら最適な対処方法を考える必要があり、やりがいを感じて働けるように仕事に取り組める環境を探す方法が望ましいです。

保育士の仕事は正しく保育をして今後の人生につながるようにサポートをすることが求められ、病棟で働く時は看護師などと役割を分担して満足してもらえるように仕事に取り組む姿勢が必要です。病棟で生活をする子供は生まれつき病気になりがちで親しみを込めて接することで今後の人生を前向きに考えられるように心のケアなどをしながら今後の方針を考え、仕事を通して伝えたいことを的確に伝えるように自分なりに考えて仕事に取り組むことが大事です。

病棟で仕事をする時は親や医師や看護師などとのコミュニケーションを取りながら仕事をすることが重要で、言葉のやり取りを通して新たなきっかけをつかめるように今後のことを考える必要があります。子供が病院で入院すると親と一緒に生活をできないため寂しがる子供が多く、病棟保育士として仕事をする時は子供が安心して過ごせる環境を作れるように最適な方法を考えることが大事です。

最近では少子高齢化が進み子供の数が少なく高齢者の人口が増加するため今後の社会を担える存在として子供を正しく保育する必要があり、病気をしがちな場合には病気を治せるように安心できる環境を作ることが求められます。保育士の仕事は子供を正しく保育するだけではなく、人との接し方などを正しく教えられるように積極的に言葉を交わし、子供が安心できるような状況にして様々なことに興味や関心を示せるようにサポートをする必要があります。

病棟保育士の求人の仕事内容の特徴は他の職場とは異なり病院内の看護師などと連携をして子供の保育を専門的に行い、子供が今後の人生を安心して過ごせるようにサポートすることが求められます。保育士の仕事は免許などが必要な場合があるため、就職をする時は専門学校などで必要な知識を学ぶ必要があります。病院で働く時は家庭や保育園とは違った雰囲気の中で育てる必要があり、仕事内容を確かめて今後の計画を立てることが重要です。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA