保育士の転職はハローワークと転職サイトどちらがおすすめ?

保育士の転職先を探す方法としていくつかのパターンがあると思います。

1つはハローワークに行って求人を探す方法、もう一つは地域の転職情報サイトや求人雑誌で探す方法、そして最後は保育士専門の転職サイトに登録して探す方法です。

どの方法で探すのが一番いいかについては結果論なので確実な答えはありません。というのも、すべての保育園がこれらすべてに募集情報を掲載しているとは限らないためです。

ハローワークにしか情報を発信していない保育園もあれば、保育士向けの転職エージェントには掲載しているけれども、ハローワークや一般ンの求人サイトには掲載していないパターンなどいろいろです。

できるだけ多くの情報を得たいというのなら、これらすべてに目を通すのが一番ですが、少しでも効率よく転職をすすめたいのであれば、転職サイトに登録するのが一番いいでしょう。

というのも、転職サイトの場合は専任のキャリアコンサルタントがついてくれたり、履歴書の書き方から面接まですべてサポートしてくれるため非常に効率よく転職を進めることができるためです。

保育士特化型の転職サイトも増えてきているので、ぜひ登録してい見るのもいいでしょう。

一般的な保育士の求人について

保育士の仕事は、今女性の間でも人気の仕事となっています。なぜ、保育士の仕事が人気なのかと言うと、まず女性が長く働き続けることのできる仕事として、注目されているということがあります。

女性の場合、保育士の仕事は、出産後も子育て経験を活かして働くことができますので、子育て後も働き続けることができます。また、保育士の場合、女性ならではのスキルを生かせることも多いですし、また今は働き方もたくさんあります。

ですので、保育士の資格を取得する方も増えてきています。その働き方などは、様々となっています。

たとえば、保育士と言えば、保育園で働くというイメージがありますが、今は、保育士の活躍する場所は、保育園だけではありません。まず、企業内託児所や、学童保育、また病院内託児所や、認可外保育園など、様々なところで求人が出されています。

働く場所によって、子供の年齢や、また時間帯も変わってきますので、勉強するべきことや知識などが変わりますので、そうしたことを身に着ける必要があります。保育士の求人を探す場合、まずはハローワークなどで探すことをお勧めします。

しかし、ハローワークの場合、平日に限定して足を運ばなければいけないというデメリットがあります。ですので、今は、インターネットで求人を探す方法がお勧めです。

インターネットの場合、パソコンさえあれば、24時間求人を探すことが可能ですし、また求人の数も膨大となっています。また、保育士の専門の求人サイトなどもいまはありますので、こうしたサイトに登録することをお勧めします。こうしたサイトに登録していると、非公開求人なども見ることができますので、よりよい求人を探すことも可能です。

また、保育士の仕事についてのコラムなども掲載されていて体験談なども参考にすることもできます。保育士の仕事を探す場合、こうした専門の保育士の求人サイトにいくつか登録し、そして同時並行で探すことがおすすめです。

パートから正規職員まで、働き方も自分で選ぶことも可能です。ライフスタイルに合わせて働くことも可能です。

都市部での保育士求人はどう選ぶ!?

都市部の保育士求人といえば、やっぱりまだまだハローワークないし、職員採用情報などを見るなどして、求人を探す人が多いといった印象です。まあ確かに、保育士として名職員採用を目指すのであれば、つまりは公務員保育士を目指すのであれば、別段問題のない保育士求人の探し方でしょう。

けれども、ストレートに言ってしまいますが、難易度はなかなか高いものです。今では保育士の専門学校は多数あり、そしてまた短大などでも幼稚園教諭とともに保育士の資格も取得できるところがほとんどです。と、いうかほぼすべての専門学校ないし短大にて、幼稚園教諭と保育士の両方の免許を取得できると言い切ってもいいでしょう。

ですからこそ、倍率がグンと上がるのですよね。ひと昔前でしたら、幼稚園教諭を目指す短大の幼児教育学科の学生たちは、そのまんま主に幼稚園教諭になる流れでした。しかし今では「認定こども園」も続々と設立されていますし、保育士免許も当たり前のごとく必要となっています。

だからこそ、短大といえども幼稚園教諭の免許だけではなくって、保育士免許も当たり前のように卒業生一同は持っています。

やっぱり、私立の認定こども園ないし、私立の保育園、それに私立の幼稚園などと比べましても、自治体雇用の保育士さんの待遇および給料などは、格段に内容が良かったりするものですからね。ですからこそ、「ダメでもともと」という気持ちを持ってしてでも、雇用の保育士求人に応募する人は多いわけです。しかし言わずもがな、狭き枠ではあるのですよね…。

だからこそ、保育士求人のみをチェックするだけではなくって、民間の求人サイトなども利用して、手広く求人をチェックしておくべきなのです。

しかし、テキトーに選んでいざ苦労をするよりも、前もって園の評判などをチェックしてある程度吟味した上で、自分に合った方針の職場であるかどうかの見極めも必要でしょう。公立私立こだわらずに、ある程度の数をピックアップして吟味して、それから保育士求人に応募するのがいいでしょう。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA