保育士が働きやすい転職先の選び方

保育士の仕事が日々大変で、辞めたいと思っている方は多いのではないでしょうか。子供と関わる仕事がしたい、子供が大好きという理由で保育士になったけれど、給料が低すぎて辞めたいと思っている方もいるでしょう。保育士の仕事は好きだけど、給料があまりにも低すぎて、転職をしたいと考えている方も少なくないでしょう。そのように思っている方は、別の保育園に転職してはいかがでしょうか。

保育士にオススメの転職先

これまでのキャリアを活かして、高待遇で働ける保育園はいくつもあります。そこで今回は、保育士にオススメの転職先を紹介します。保育士の仕事は大好きで、ずっと保育に携わりたいけれど、今の職場に不満が合って転職したいと考えている方の参考になれば幸いです。

まず、「企業内保育園」です。企業内保育園は、ほとんどが小規模なので、ひとりひとりの子供に目が行き届きやすいのが魅力です。また、保護者が同じ建物の中で働いているので、何かあった時に連絡しやすいのもポイントです。さらに、企業内にある保育園のため、保育園へ理不尽なクレームを言う保護者が少ないというのも、保育士が働きやすい点と言えます。

次に、「託児所」です。託児所は一時保育がメインのため、残業や持ち帰りの仕事がほとんどないのが嬉しいポイントです。これまで、残業や持ち帰り仕事が多くて、自分の時間が取れず悩んでいた保育士の方は、託児所への転職を考えても良いかもしれません。

保育士の仕事とブランク

保育園は子どもが親から離れて集団生活をします。自分以外の存在を理解し、認め協調性や社会性を身に着けます。体も心も健康に育つようにするのが保育園の役割です。そこで保育士という仕事が非常に重要です。保育士の先生は子どもたちと遊ぶだけではなく、保護者の方々とのコミュニケーション、子どもの性格や発達の遅れなどの様々な問題の相談を受けることも多い大変な職業です。

連絡帳の記入もありますし、その他の配布する資料などの用意、運動会などのイベントの案出しやその運営など幅広い仕事内容です。おむつ交換も、歯磨き指導も延長保育も大変な業務です。このように細かな仕事がたくさんありますので元気でパワフルさが必須です。

さらに私立公立の違い、園の方針によって様々ですがお給料も少ない職種だと言われています。政府が保育士の給料を上げることを約束しましたが、実際には今までと大差はなく難しい問題とされています。

結婚や子育てで保育士から離れたブランクがある人は、この問題で転職を考える人が多いのが現状です。現在はそういった人材に再度保育士の仕事をしてもらおうと行政も動いています。

求人や求職の登録をして希望のエリア・働ける時間・雇用形態などを考慮し、園を紹介し面接を受けられるようになっています。大変な仕事ではありますが、子どもの成長のお手伝いができ、明るい未来を考えていく尊い仕事だと思います。

公立園から私立園への転職

結婚の機会に引っ越しをすることになったために、転職を考えました。

5年間公立の保育士として働き、自治体内での転勤を一度経験してはいたのですが、知っている人がいないところへの転職は緊張や不安でいっぱいでした。大きな園と小さな園どちらも経験した結果、自分には小規模な園が合っているなぁと思ったため、定員が少ない小規模園であることを条件に探してみました。

運が良く、新しく住む地域の私立園で働いていた友人がいたため、周りの園や友人の働いている園の情報を聞くことができて、自分の求めていた条件に合う保育園に就職することができました。

働きながらの転職活動は大変ですが、私立園は本当に園によって雰囲気も労働環境も違うので、見学や情報収集はしっかりしなければいけない大切なポイントです。

いざ働いてみると、ギャップに驚くことが沢山ありました。まったく新しい様式での文書作成、公立園では経験しなかった保育運動や組合活動と、初めての連続です。数年の経験を積んでちょっとした中間管理職のような気分で働いていたプライドは崩れ、まっさら新人のような気持ちで園の雰囲気を吸収していく毎日に疲れもしました。

でも大丈夫です。子どもと関わっていると、これまで色々な経験をして身につけてきた子どもとの寄り添い方や楽しいあそびが自然と出てきます。萎縮しすぎず、自分らしい保育をのびのびすることで、新しい園でも「ここでも取り入れたいからぜひ教えてほしい!」と言ってもらえるようになりますよ。

園によって違うことはたくさんありますが、転職をしても保育士というお仕事は子どもたちが自分らしさを発揮する心強い味方になってくれることを実感しました。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA