20代保育士が転職する際にアピールできるポイント

まだまだこれからキャリアを積みたいと考えている20代の保育士さんも多いと思います。

これから新しく保育士として就職先を探している人はもちろん、新しい保育園に転職をしたいと考えている20代の人はキャリアップのことも視野に入れて、アピールポイントなどを考えておきましょう。

また転職先も新しい取り組みをしている保育園や将来的に伸びそうな保育園をチョイスするのも大切です。

一般的に保育士の求人は多いと言われていますが、20代の保育士さんは人数も多いので、希望する保育園に入るには自分なりにリサーチなども必要です。

20代の保育士求人は意外と多い!?

相模原市と言いますと、関東エリア在住の人でも、「え?どこ?何県」ぐらいに言葉を返してしまう人もいることでしょう。しかし神奈川県にて生活をしている人ならば、相模原市の位置ぐらいは認識できているといったところでしょう。

そして、さらにもっと言えば、意外と暮らしやすいということも。子育て環境もなかなか充実しているということも。そのことはきっと、相模原市の保育士求人の数からも感じることができるでしょう。

たとえば、保育士専門学校ないし、短大の幼児教育科などに在籍する学生さんは、下半期ともなれば卒業後の就職先を探すことでしょう。そして自分の住まいから通うことができる保育園ないしこども園だけではなくって、その他のエリアの保育園やこども園における保育士求人もチェックすることでしょう。

なぜなら、今ではインターネットを利用して、どの地域の求人も見ることができるからです。それは保育士求人も同様のことで、なおかつなにも私立の保育園やこども園だけではなくって、公立の保育園やこども園の保育士求人も見ることができますからね。

それにやはり、保育士を目指す学生さんの多くが「最初の職場はいい職場に行きたい!」と願う人ばかりですから、そりゃあ保育士求人を全国的に探す人も多いものです。ちなみにここで言う「いい職場」とは、なにも公立の保育園やこども園のことだけを指して言っているのではありません。

確かに「公務員保育士」は多くの学生さんの憧れだとは言えるでしょう。公務員保育士の場合ですと、たいていその他の一般職公務員に準じているものですから、ですから福利厚生や有給休暇、そして給料や賞与の金額など、そりゃあ私立保育園やこども園の給与や賞与の額などを比べると、一段も二段も三段も高かったりしますからね。それは若い年代の頃よりも、40代や50代ぐらいになると、強く実感することでしょう。

けれども、相模原市もそうなのですが、自治体雇用の保育士となりますと、何年かごとに異動がありますので、「ずっとここの園にいたい!」と思っても、翌年にはあっさり異動になることも多々ありますね。また、それぞれの園によってカラーも若干異なったりもするために、自身の理想の保育とはかけ離れていて、そして葛藤することも…まあないとは言い切れません。もちろんそれは公立保育園だけに言えることではないのですが。そして私立保育園に関しても、その園のカラーや方針がありますね。

ですからこそ、給与や待遇面ばかりに注目せずに、その園の評判にも注目して自分の勤め先を決めるといいでしょう。それは公立私立に限らずのことです。

千葉市での保育園求人は数打ちゃ当たる!?

千葉市って、公立私立問わずして、意外と「保育園」ないし「こども園」が多いのです。ですからもちろん、園の数ぐらいに、保育士求人は出ているのです。まあ、千葉県千葉市は世間のイメージはさておいて、意外と都会ですからね。

それに「生活の街」「ベッドタウン」としの機能も持っていますので、それならば子どもを育てるための施設も充実しているのです。ですから、千葉市における保育士求人としては、なにも「保育園」や「こども園」ばかりではなく、院内保育園もそうですし、児童館なども保育士求人は出していますね。それに、放課後児童クラブに関しても、保育士求人を出しているところもあります。

ですから千葉市において、保育士求人を見つけることは意外と苦労はしないでしょう。なぜなら、それなりの保育士求人件数は出ていますので。しかし、なにごとも応募前の見極めは重要です。そして、やみくもに応募してはいけません。ある程度絞ることはしておきましょう。

なぜなら、ちょっと考えてみてください。自分の住まいから通える範囲にある保育園に、手当たり次第に履歴書を送って保育士求人に応募して、仮にすべて採用となってしまったらどうでしょう。当たり前ですが、自分の身体はひとつしかありませんので、勤務をおこなう保育園はたったひとつに決めなくてはいけません。

つまりは、その他の保育園へは「お断り」をしなくてはいけないのです。自分が保育士求人に応募して採用通知をもらったのにも関わらず、結局採用を辞退する…といった流れは決して気持ちがいいものではありません。それは保育士求人に応募した自分自身だけではなくって、むしろ保育士求人を出していた保育園側の方でしょう。

また、距離の近い保育園ないしこども園、そして幼稚園は、意外と交流があるものですから、そのような保育士求人なばらどこでも〜と、四方八方に応募するような保育士さんですと、仮に退職したとなりますと、同じエリア内での再就職は難しくなるかも知れませんね。

なぜならやっぱり不義理ですから。採用する側は当然ですが、「来てくれる」ものだろうと、見込んでの採用通知なわけですから、まさか辞退されるとは思っていないことが9割です。とくに私立の保育園では。

ですからこそ、そのような事態を避ける目的でも、ひとつのエリア内ならば、保育士求人への応募はせいぜい1〜2園、場合よっては3園にしておくのがいいのです。千葉市の保育士求人にしても同じことでしょう。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA